大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


心残りのトロフィー…

投稿日時:2010/01/19(火) 19:29rss

私には心残りのトロフィーがあります。

新聞のTV欄を見た限りでは年末年始には相変わらずお笑い芸人が出る番組をたくさんやっておりました。

お笑いは大好きです。

「好き」とは言うものの、実際にテレビでお笑い番組をたくさん見ているかというと・・・

正直、忙しさから最近はほとんど目に留める事がなくなってきました。

TVなどマスコミ様からもたくさん仕事を頂いている会社であるので、それではいけないのですが。

5年前の大みそか。

この日ははっきりと覚えています。

弊社のブロンズ製のトロフィーが出る番組が重なったのです。

TBSの日本レコード大賞と、日テレの「輝け!2005年お笑いネタのグランプリ」というエンタの神様の特別番組です。

このエンタの神様という番組はM1グランプリと同じく、芸人として人気が出るための登竜門と言われているのを耳にしたことがあります。

その時のブロンズトロフィーです。
決して弊社の作風とは言えません。

お笑いネタのグランプリトロフィー1

隣にはレコ大のブロンズ像も横に勢ぞろい。

お笑いネタのグランプリとレコード大賞

実は、このトロフィー制作にあたってはものすごい時間がなく、また弊社の意向が全く反映できない状態で製作したブロンズ像なのです。

とにかくデザインを含め、お客様に言われたとおり忠実に製作を進めました。

でも、本当に時間がないため原型製作に全く時間が掛けられず、そして細かい手間も加えられず。

年末押し迫る12月20日に形になっておりませんでした。

ガラス製の地球儀を持った、見た目のデザインも弊社の中では珍しい部類です。

問題なのは・・・。

実は重量がものすごい重いのです。

お笑いネタのグランプリトロフィー

大きいサイズのトロフィーは10kg超です。

小さい方は普通なのですが、大きい方はありえない重さ。

あってはいけない重量のトロフィーでした。

鋳造する前からガラスの球の重さも考慮して一応重さは想定しており、製作サイドには初期段階から忠告してあったので現場では問題にはなりませんでしたが。

その重いトロフィーを手にしたのはだれか。

優勝したのは、あの陣内智則さん。

司会の草野仁さんがマッチョである為、どうにか授賞式では持てておりましたが陣内さんは・・・受け取った瞬間、思わず「おもっ!!」って叫んでよろけていました。

その後は草野仁さんがエンディングまで赤子の様に抱きかかえて笑いを取っていました。

放送を見ながら、あの時はクライアント様に対して申し訳ない気持ちになりました。

なのでこのトロフィーに関しては、実は今も心残りなのです。

他に改善策はなかったかどうか。

そして、今頃どんな扱い方をされているのかも気になります。

しょせん裏方なので、お客様が満足して、無事に滞りなく放映が終わればそれで良いのでしょう…。

TVの世界がそうであるならば、良しとします。

厳しい条件の中での仕事なので仕方がなかったと思えば。

でも、かなり心残りなのでした。

この経験を糧に次回お話を頂いた際には、改善したいと思っております。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
2b54189d836d97eb20cc1bed0fac95c7.png?1506274505
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...