大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


歩く男・・・94

投稿日時:2010/02/15(月) 19:36rss

先週、新聞やニュースをすこし賑わした、滅多に取り上げられないブロンズ彫刻の話題。

「歩く男」と言う彫刻作品が、オークションでなんと、

94億円(95億と試算しているところも)

で落札されたようです。

大きさは183センチでブロンズ製。

それまでの美術品のオークションの落札額を塗り替え、史上最高額だとの事。

183センチのブロンズ像が94億円か・・・・。


数年前、ある美術館関係者の方と「絵画」と「彫刻」の価値について真剣に議論になった事がある。

絵画は1点物だから価値がある。
彫刻は型さえ取れば同じものが出来る。(ブロンズ像の場合です)
なので、復元できない絵画の方が絶対的な価値があり、量産できる彫刻は価値の面で劣る。
実際、高値で取引されるのは絵画ばかりでしょ?

間違いなく、この様な表現でした。

その彼がどういう気持ちでこの話題を聞いたか、一度確認したい。

このブロンズ像の作者はジャコメッティ-と言います。

詳しくは朝日毎日など新聞各社のWEB版などにたくさん出ております。

私の想像ですが、新聞やネットニュースに登場するこの銀行は、誰かが高額で入札することを初めから知っていた、としか思えないという事です。

もちろん、芸術品と言うのは100万円の価値があると言われている作品を、たとえ1円でも要らないという人がたくさん居てもおかしくない世界。

でも、今回の場合、もともと超有名なジャコメッティ-のブロンズ作品なわけで、ある程度の価値は関係者なら誰もが知るところ。

それを手放すというのは、絶対手放した方が保管しているよりだいぶプラスになる、という事が前提であろうと。

または、文化芸術に全く興味がなく、本当の意味で価値が分からない、または価値を認めない銀行・銀行マンが居て、それを売って現金にしたい。

そしてたまたま、そのブロンズ彫刻をものすごく欲している人間か企業がオークションに居た、ということなのか。

もし、そうだったら奇跡的な偶然である。


話が最初に戻るが、「彫刻」が「絵画」に価値(あくまでもオークションにおける価格)で勝る日が来るなんて。

でもジャコメッティ-本人が生きていたらどう思うだろう。

天国に行ったらこの出来事の感想をぜひ聞いてみたい。
(それまでにイタリア語かフランス語を勉強しないと)


一方で、世界中が不景気だと言うのに、こういうお金が回りだしたという事は喜ばしいニュースではあるのだが。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
b15bced367a858741d3369de06aeff8c.png?1534352644
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年8月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...