大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


両肩が・・・

投稿日時:2010/09/21(火) 20:10rss

両方の肩から首にかけ赤くなっております。
いや、少し赤黒くなってきたかもしれません。
腫れは少しひいてきたのですが、でもまだ熱を持っている感覚があります。

世間で言うこの3連休は、
土曜日と月曜日は社員も出てきての仕事。
つまり休日出勤。

その中日の日曜日は町内のお祭りに参加しました。

現在は向丘という地名ですが、ちょっと前までは東片(ひがしかた)と呼ばれていたこの辺り。
その東片町の中町、つまり中組です。

本日のタイトル、「両肩が・・・」。

実は神輿を担いだ為に肩が赤く腫れあがっているのです。

うちの町内の御神輿は他と比べて大きく、支える棒も丸太でかなりの重量があります。
なのに担ぎ手が少ないので、一人にかかる負担が・・・。
こんな事を書きながら、町内のお祭りに参加したのは子供の頃以来でして。

荒川区の日本太鼓保存会?の皆さんがいらしていて、ドンドンドンと勢いを付けてくださいました。

丹田に響くあの音。

日本人だなァ・・・とつくづく思ったのでした。

社会人になってからというもの、9月のこの時期は国内か海外の出張が必ず入っていたので、お祭りのお手伝いをする事も出来ず。


話を戻すと、うちの町内の御神輿だけ氏神様である根津神社に宮入りする(出来る)のです。

ものすごい数の町会が根津神社の周りにはあるというのに。

なぜこの町会の神輿だけなんでしょうかね?!
(良く知らないんです・・・)

そんな特別な神輿があるこの町会。

お祭りに参加できて、かなり良かったですし、なにより嬉しかったです。

ただし、ずーっと交代もせずに担いでいたので最後は両足の太ももが攣る寸前。

脛の筋肉も張ってきて。

肩の痛みはそれこそマヒしてしまい、途中からは忘れるほど。

草サッカーの試合以上に、この5年間で一番疲れました。

ただの体力・運動不足だけなのかもしれませんけれど。

「体力の限界…」という、千代の富士の引退記者会見の言葉をそのまま使いたいぐらいに、最後は修行の気分でした。

そんなに辛かったのに、37歳になって初めて知った御神輿を担ぐ楽しさ。

江戸っ子なのに知らずにいた自分が情けない。

なので来年以降もチャンスがあれば担いでみたい!

ちなみに、祭りの翌日(敬老の日)も朝から仕事。

近所の皆さんは心配してくださいましたが、でも仕方がない。

さすがに朝起きたら全身が痛かったのですが、すっかりそれを忘れるほど会社では忙しく。

今月は忙しさのピークなので、心も身体も良いリフレッシュになりました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
日本金属工芸研究所 オフィシャルサイト

株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL  :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 オフィシャルブログ

日本金属工芸研究所オフィシャルブログ


◇nihonkinzoku.com ニホンキンゾクwebsite

nihonkinzoku.com


◇トロフィー ラボ

https://sites.google.com/site/torofylabo/

◇FIDEM International Art Medal Federation

FIDEM


◇ 経営者の情報技術勉強会 IT研究会

http://www.itk.jp/


◇ ビジネス情報ネットリンク集

http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html



にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
c6d1453b7839a5a016acfd8bc4d29e26.png?1506177104
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...