大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


インド人 ウソつかない!

投稿日時:2010/11/06(土) 00:08rss

小さい時の記憶ではあるが、『インド人 ウソつかない』といったフレーズがTVのCMか何かで流行っていた気がする。

そんな体験を・・・。

時は19時。
場所は銀座。

納品があるので急いで車で銀座に。
並木通りの路上パーキングに止めました。
車から降りようとしたら、一人の外国人(男性)が声を掛けてきました。
「Do you speak English?」

彼はインド人とのこと。
就労ビザでファッション関係の仕事をしていたが解雇に。
そして何週間も同業の仕事を探して銀座を訪れているとか。
でも、日本語が話せないのでどこも採用してくれず・・・。

まあ、この時点で少し怪しいのですが、とりあえずもうちょっと会話を。

大宮に住んでいて、奥さんが待っている。
今日も朝から何も食べておらず、これから埼玉に帰りたいけど、何か食べものを家に…。

「つまり何?正直に話して」、と言うとやはりお金を恵んでください、とのこと。

探している仕事に関しての話を少ししてから、

「IDを見せてくれ」と頼み、在留の許可証と、住所と名前と顔写真を確認しました。

まあ、もちろん私の中ではパフォーマンスですけれど。

警察でもないし。

「仕事は紹介できないけど、では、あなたの将来に投資します。」
と言って、1000円をあげました。

また、

「でもこれは、私のスタイルではないです。なので、寄付ではなく、そう、英語で今10分間、会話したレッスン料です。」と言っておきました。

笑ってましたけど。

自分でもよくこんなキザなセリフが言えるな・・・と後で思いましたが、なぜか口から出てきたんですねぇ。

こうやって、このインド人はたくさんの人に話しかけては同じような話をして、一日にいくらかまとまったお金を稼いでいるのかもしれません。

銀座なら数打ちゃ当たる戦法で。

結構溜まるのかも知れませんね。


インド人はウソをつかない・・・と昔から信じてきたのに!?

ただ、もちろん心のどこかで、「本当に彼は困っていたのかも?」という同情心もまだ少しはあります。

そんな事より、なぜ私なのか。

最後に、なぜ私に話しかけたのか彼に聞きました。

すると、

「緑色の車で、運転手がオレンジのメガネをかけたジェントルマンだったので英語が喋れると私は確信した、」と。

「はぁ????」「あっ、カモという事ね・・・」

でも、ウソでも、なんだか選ばれたことに嬉しささえ感じました。


またいつの日か銀座で彼を見かけたら、今度はこちらから話しかけてみようかと。

「Do you speak Japanese?」とね。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/


◇ 日本金属.com
http://nihonkinzoku.com/

◇トロフィーラボ https://sites.google.com/site/torofylabo/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/


◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html


◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
77221bb4916e62793e7e5e92cd186bfc.png?1511375329
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...