大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


3S活動の副産物・・・?

投稿日時:2010/12/13(月) 19:00rss

12月1日より本格的にスタートした弊社の3S活動。

とりあえず12月末の大掃除までにすることを一歩一歩着実にこなしております。

私が決めた目標課題に取り組んでいる社員達も、積極的にどんどん自ら進んで行動しております。

頼もしいです。

そんな3S活動の中で、思わぬ物が出てくる事があります。

特に整理をしていると、「なんだ?これ」「あーああ、これねぇ」と言うような物や、「こんな所にあったのか~」と言う物が。

先週末、その中でもインパクトがあったのがこの二つ。

弊社を祖父が起業する時に活用していた電気鋳造や科学メッキの本。

一番古い本は昭和は10年

一番古いものはこの写真の一番左の二冊、初版発行が昭和10年です。

その第2版。

戦前にこの様な知識が既に分かっていて、本にも書かれていて、どんどん研究もされていたという事に驚きです。

まあ、化学兵器を実験していたような時代だから、当然と言えば当然の事なんでしょうけれど。

事務所の本棚の奥の奥で見つかりました。

ただ、歴史を考えると、弊社の礎を築いた時代の大変貴重な本達ですので、やはり宝といえます。

先代や古株社員がどんな思いで仕事をしていたのか…それを考えると今の自分には「感謝」しかありません。

それに対して、こんなものも出てきます。

ドラえもんのバッヂ?!。

ドラえもんのピンバッヂ

何かに取り付ける様に裏にロングピンが細工されていますが、どういったものに付けられたかはっきり覚えている者がおらず。

たぶん25年以上前に製作したものの様です。

これら木に貼り付けて残っているものはすべて不良品で、表面に小さなキズが付いていたり、汚れが出ていました。

ドラえもんバッヂ?!

これら不良品が、なぜ大切に保管されていたのかさえ分かりませんが、これも棚の奥の奥にありました。

版権の事もありますし、クライアント様に迷惑にもなります。

そもそもはっきりとした用途が分からないので、取り外してすぐにすべてスクラップ処分しました。

なぜなら外部にこの商品が出て、売り買いされたり、オークションに出されでもしたら大変な事になってしまうからです。

参考資料としてでも、弊社ではこの様なものを残すわけにはいきません。

それにしても、不良品をなぜキープしていたのか???

資料が出てくればいいのですが。

スクラップされた可哀相な「ドラえもん」は写真を公表しません・・・。


この様に、思いもかけない副産物が出てくるのも3S活動の結果だと思います。

お陰さまで歴史を顧みる、良いチャンスを与えて頂いております。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
日本金属工芸研究所 オフィシャルサイト

株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL  :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 オフィシャルブログ

日本金属工芸研究所オフィシャルブログ


◇nihonkinzoku.com ニホンキンゾクwebsite

nihonkinzoku.com


◇トロフィーlabo

https://sites.google.com/site/torofylabo/

◇ 表彰labo

https://sites.google.com/site/torofy/


◇FIDEM International Art Medal Federation

FIDEM


◇ 経営者の情報技術勉強会 IT研究会

http://www.itk.jp/


◇ ビジネス情報ネットリンク集

http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html



にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
e5338d67f39b7d893d83402c2e922ecc.png?1532047914
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...