大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


これってアート? 現代美術へのアプローチ

投稿日時:2012/05/15(火) 19:30rss

私にとって、現代美術といわれるカテゴリーには少し抵抗があります。
 
コンテンポラリーアートと横文字にすれば、拒絶感さえ出てきます。
 
ただし、これは見る方の事ではないのです。
 
作り手として、表現者、アーティストとして振る舞うならば、という事です。


201205151930_1-200x0.jpg

 
現代美術は、すでにわれわれの日常に入り込んできていますし、難解な作品が多いですが、それでも見るだけで何となく楽しい作品も多いですし、作者の本当のメッセージが伝わらなくても、驚きがあれば、それだけでいい。
 
そんな考えもありますし。
 
私が現代美術の展覧会などで期待する事、それは、面白いという事です。
 
仕事上では古典的な、クラシックな作品や作風の彫刻を扱う事がほとんどで、それを表彰記念品として世の中に出していく事こそ、私の使命だと思っております。
 
ですが、アートは色々な側面を持っており、特に仕事でないならば、上に書いたように私がこだわっているのは「楽しい」という事。
 
現代美術に限ってですけれど。
 
美大時代からあまり変わっていない姿勢です。
 
「こんなものはアートではない」と自分でも否定しながら、「いや、これもアートの部類じゃないか」と・・・心の中で自問自答をすることの方が多いです。
 
そしてここ最近、変な造形物に妙に惹かれる自分が居り、自分のなかの表現者として一面がのぞく事があるのです。
 
そして変なモノを作ってみたくなったり、形に残してみたくなったり。


201205151930_2-200x0.jpg

 
 
これは、私が作業着を脱いだ時に長靴の周りにシワシワになったアクリル製のズボンを、伸ばしてみた時に偶然出来上がった姿です。

どうやって立たせているのかは企業秘密。
 
瞬間的に、伸ばしたら面白いだろうと思いついたもので、最初はまさに自分だけが楽しむだけ。
 
写真をとおして、色々な方に見せても良いが、それをしだしたらアートへと変貌し。

その空間は自分だけの楽しみですが、共有したらアート。

写真を撮ってすぐに片づけましたけれど。
 
なにより、会社内でこんなもの置いてたら社員から何思われるか分かりません。
 
でも皆さん。

なんか、面白くありませんか?


201205151930_3-200x0.jpg


この写真からどんな人が想像できますか?

下半身はこんなんですが、上半身はどんな格好をしていたのか?

年寄りか若者か?

そんな勝手な想像で、どんどん楽しくなっていきませんか?

私の構想としては、この作品?!を色々な場面で再表現してみたく。
 
階段の踊り場や、海岸、田んぼの中、体育館のどまん中、ホテルの回転ドアの中や飛行場のロビーなどなど。
 
置いてみたい場所が、頭にいっぱい出てきます。


201205151942_1.jpg

 
それをしたからって何になるわけではありませんが、こんな造形物がぽつんと置いてあったら、ただ単に、面白い!

タイトルを決めておりませんが、「Mr.クリアー」とでもしておきましょうか。

お化けは下半身が見えませんが、この作品は下半身だけが見えます。

より想像力が掻き立てられませんか?

こんな所で発表すると、すぐに真似されるのが美術界。

それはそれで仕方がありません。

どうぞ、どなたか私のメッセージを受け取ってください。

どうせ、仕事中に無駄な事をやっていただけですから。

 
アートではないかもしれませんが、こうやって悩んでいる時点で、現代アートなのでしょう。
 
共感されなくても良いのです。
 
自分が面白いものを表現できさえすれば。
 
もともとアートとは、自己満足な世界ですから。


このブログを読んだ皆様も、現代美術の世界へ。

作り手として楽しんでみては如何でしょうか。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
日本金属工芸研究所 オフィシャルサイト
 
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709  FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL  :http://www.jmaac.co.jp/ 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 
◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/ 
 
◇nihonkinzoku.com  ニホンキンゾクwebsite

http://www.nihonkinzoku.com/ 
  
 ◇トロフィーlabo
 https://sites.google.com/site/torofylabo/
 
◇表彰labo
 https://sites.google.com/site/torofy/

 
 
◇FIDEM   International Art Medal Federation
 http://jmaac.keikai.topblog.jp/image/fidemrogo2.jpg
 
 
◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
 http://www.itk.jp/
 
 
◇ビジネス情報ネットリンク集
 http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html
 
 
にほんブログ村 経営ブログ 経営者
http://management.blogmura.com/manage
http://blog.with2.net/link.php?966072
 
 
Facebook  http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft
 


トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
173de16e49cfa87a34389afadf33fe1f.png?1540147798
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...