大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「記念品制作現場から」 講演会を終えて・・・

投稿日時:2012/06/19(火) 18:50rss

先週の日曜日、府中市郷土の森博物館で「記念品制作現場から」というお題で講演をさせて頂きました。

これは、6月24日まで開催されている企画展『府中メモリアル』のシリーズ特別講演として3本。

私は、最後の回でした。


201206191935_1-300x0.jpg


当日朝は雨が降っており、人出がどうなる事かと思いましたが、昼前には晴れて一気に快晴。

隣接する大きな公園では紫陽花祭りが。

それはそれはみごとな紫陽花が咲き誇っておりました。


201206191935_2-300x0.jpg


そんじょそこらの紫陽花祭りとは違って、自然の中の風景があり、規模が大きいのです。

紫陽花祭りは7月8日までの様なので、是非是非、お時間がありましたら。


講演が始まる13時半には、夏日一歩手前の気温に。

ムシムシした気候の中、お集まり頂いた受講者の皆様方。

私が尊敬する師匠の一人、IT研究会の鈴木大吉先生にも足を運んで頂きました。

また、当会経営者ブロガーの一員でもいらっしゃる(株)M&A Bizの辻松社長にもお越しいただいて。

本当に感謝感激でした。



201206191935_3-300x0.jpg


私が予期していた以上に、かなり少ない人数の講演会でしたが、

かえってサンプルに触れて頂く時間などがとれ、参加者の皆様とたくさんお話が出来、良かったです。

「記念品」という、内容が内容だけに、一般の人々に興味を持って頂く事は大変難しく。

また、博物館という事もあって記念品の歴史や弊社の足跡を中心にお話しましたので、ちょっと退屈な時間もあったかと。


201206191935_4-300x0.jpg


内容は以下のようなもの、


4つのパート
・記念品がどのように作られてきたか
・そして現在どのように作っているか
・制作工程
・記念品業界事情




国や役所が 敬老・新成人
民間で 学校では創立・周年事業の一環として
会社では創立記念日
個人では結婚式、
誕生祝 20,60,70,77,80,88,90,99,100

子供のころを思い出してみてください
学校行事では必ず記念品が関わっていた
つまり身近なモノのはず
入園、卒園、入学、運動会、発表会、周年行事、卒業、 
鉛筆の名入れなど 

中学になると
時計、アルバム

結婚では引出物 
引っ越し祝いなども記念品の一つ


記念品と言えば
販売促進的な意味合いの場合も
   この場合、ロゴを入れたり、新商品名を入れる事によって
   購入記念や、来場記念の品とする
 
 
落成に伴う記念品

その場合日本では 赤飯を配ったり、紅白まんじゅうなど
             これも記念品の一部?
 
日本では
その昔は筆や墨を使って字を書くことが多かった
そこで、 文鎮やペン皿などが記念品として流行
 
他に、身近で使用できるものとして、灰皿や時計など
 
贈り主や記念の内容が入っているもの・入っていないもの
 
土産物との差
 
 
時代の変化→ メダル・盃・タイ留め・ループタイ などは・・・
 
記念品と言えば 実用的なモノが好まれる時代に 食器や文具など
 
記念品は、
功に対する ごほうび の意味合いが強かった
 
などなど


201206191935_5-300x0.jpg


特別に制作した
「府中市郷土の森開館25周年記念」のレリーフ額や楯の制作過程の紹介。

実物記念楯のお披露目なども。

皆様に何かの機会に今後話題にして頂けるようなお話を中心にさせて頂きました。

身近ではあるけれど、普段はまず意識したことが無いと思われる記念品。

その中でも、弊社が制作する美術記念品や表彰記念品の世界を少しだけでも知って頂きたく。

私も府中市の記念品から考察する、地域の歴史など。

この展覧会を通して、大変興味深く勉強させて頂きました。


最後に、

一般市民の方々に対して講演するという、貴重なこの様な場を与えてくださった、府中市郷土の森博物館の館長様をはじめスタッフの皆様。

また、展覧会の企画をして頂き、すべての準備をしてくださった担当学芸員の佐藤様に、この場を借りて深くお礼を申し上げます。

この先博物館が、30周年、40周年、50周年、100周年と発展していきます事を、心よりお祈り致します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
日本金属工芸研究所 オフィシャルサイト
 
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709  FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL  :http://www.jmaac.co.jp/ 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
 
◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/ 
 
◇nihonkinzoku.com  ニホンキンゾクwebsite

http://www.nihonkinzoku.com/ 
  
 ◇トロフィーlabo
 https://sites.google.com/site/torofylabo/
 
◇表彰labo
 https://sites.google.com/site/torofy/

 
 
◇FIDEM   International Art Medal Federation
 http://jmaac.keikai.topblog.jp/image/fidemrogo2.jpg
 
 
◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
 http://www.itk.jp/
 
 
◇ビジネス情報ネットリンク集
 http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html
 
 
にほんブログ村 経営ブログ 経営者
http://management.blogmura.com/manage
http://blog.with2.net/link.php?966072
 
 
Facebook  http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft





トラックバック一覧

  • » 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
7e7ea463306771f8633013144e6ae5df.png?1544724357
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...