大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


創作メダル彫刻展 出品者募集中

投稿日時:2014/05/02(金) 17:53rss

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

この度は日本芸術メダル協会の第33回創作メダル彫刻展についてお話しさせて頂きたいと思います。


弊社も長い間協力企業として携わってきております日本芸術メダル協会の第33回創作メダル彫刻展が、6月末から東京都美術館で開催されます。

また、私もこの会の理事として仕事をしております。

このメダル展覧会は協会の会員の方々でなくても出品できる公募展(コンペティション部門)となっております。

メダルというと、誰もがあのオリンピックメダルのようなものを想像されると思います。

もちろんあれはメダルなのですが、メダルにも色々とございまして、アートメダルという世界があるのです。

アートの分野と言えば、絵画、彫刻、版画、書道、工芸などがあります。

メダルというものは、その中の、彫刻分野や工芸部門に近いと言えます。

メダルの中でも種類が分かれていて、表と裏があり誰が見てもメダルと思うあのメダル、そして、最近ではコンテンポラリーなメダルがあります。

金属に限ったメダルのお話をすれば、製造方法も日本ではメダルというとコインやバッヂを造るときと同じように金型を造って量産するスタイル(プレス)が主流です。

しかし、世界では鋳物・キャストや手工芸的な一品メダルがまだまだ高い地位を占めております。

金属でなければ、それこそ本当にさまざまな表現方法・製作方法があり、ガラスの方、陶器の方、テラコッタの方、木の方、石の方、プラスティックの方、布の方、紙の方、糸の方、漆工芸の方・・・ 本当に色々なジャンルの作品がメダルにはあるのです。

アートメダルという世界では各国で特徴があり、デザイン性を追求するところ、
テクニックを追求するところ、レリーフ彫刻のレベルを追求するところ、など。
上にも書いた通り、メダルと言っても表現方法、素材、用途なども様々なのです。

私の海外の知り合いでも、鋳物屋さんが作家としてたくさんメダルを造っておりますし、

彫刻家の先生方と一線を画す、唯一、鋳造家として自分で表現しても良いアート分野として楽しまれております。

私どもは、隔年の開催で第33回という数字から創造して頂いても、このメダル展覧会は日本において相当昔からあることはお分かりになると思います。

しかし、なんでも商業ベースで考え、また、組合などの影響もあり業者間のつながりを重視し過ぎて、また、純粋なアートとしての見識もなく、なれ合いの会になっておりました。

ここ数年でこの姿勢を改め、よりメダル文化の発展を広げるとともに、鋳造技術の確認と研究、デザインと工芸の融合など、コミュニケーションツールとしての役割を果たす事を前提に会を運営しております。

http://www.jama-artmedal.jp/


https://www.facebook.com/jamaartmedal


前置きは長くなりましたが、

ぜひこの機会に皆様に日本芸術メダル協会を知って頂き、また、参加もして頂きたく思っております。

そこで、まずは、5月末締め切りのメダル展に応募出品して頂きたくお願い申し上げます。
作品提出は6月12日必着です。

作品の募集要項についてはWEBサイトに記載されておりますので、詳しくはそちらをご覧ください。


なお、サイトには様々なアートメダルが載っておりますので、ぜひご覧ください。

メダルの定義は正直ありません。
メダルとは「手のひらにのるアート」です。
表面と裏面があるのがメダルです。
しかし、表面と裏面が無いのもメダルなのです。
アートメダルの世界は日々進化しておりますが、クラシックなメダルを守りつつ、
形状・素材を駆使して、同時に新しいチャレンジもしております。

アーティストの方にはもちろん、そうでない方々に対しても公平に審査いたします。
入選落選はございませんので、出品者として展覧会を楽しんでいただけます。
もちろん、出品した作品は賞の対象となりエントリーされます。
また、いろいろな業界の方々もおりますので、つながりができます。


ぜひ、多くの方に出品して頂けますようお願い致します。

また同時に、公募展として日本中の方々に知って頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

日本芸術メダル協会 理事 山田敏晶

http://www.jama-artmedal.jp/


 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
698fd300bcda4149ba0b193679fb27a8.png?1511314862
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...