大きくする 標準 小さくする

2015年11月16日(月)更新

金めっき メッキ 鍍金

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。
 
 表彰盾や記念品などを作る場合、打ち合わせ段階で、
中身のレリーフをどういった仕上げにするのかということが必ずポイントになります。
既製品の表彰記念品ですと、カタログなどに載っていますので、それ以上でもそれ以下でもないでしょう。

弊社の場合、レリーフを金めっきにする場合の仕上げは色々とあります。
一番わかりやすいのは、この写真のような表現方法です。

 
201511161606_1-300x0.jpg

純金めっき仕上げのままと、その状態をわざと汚す方法。
汚すといっても、陰影が出るように薬品を火であぶって焼き付ける、
つまり化学変化を起こさせるのです。

どちらがそのレリーフに適しているのか、また好みの問題もありますので、
最終的にはお客様の判断になります。

我々はアドヴァイスを求められる場合が多いので、率直にお答えしています。

もちろん、銀めっき仕上げや青銅色にした方が良いのではないかと思われる作品もあります。

色によって表情を変えるレリーフ作品、記念品にとっては肝と言えます。

 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・表彰楯・レリーフ彫刻・アクセサリー
 株式会社 日本金属工芸研究所 
Japan Metal Art and Craft Co.,Ltd.
 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mailinfo@jmaac.co.jp     
URLhttp://www.jmaac.co.jp  
URL : http://www.nihonkinzoku.com/
 
Facebook http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft
 
トロフィー labo : https://sites.google.com/site/torofylabo/
 
表彰labo: https://sites.google.com/site/torofy/
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇