大きくする 標準 小さくする

2013年08月22日(木)更新

「表彰制度」出版パーティー  お金より名誉でやる気は引き出せる


201308222059_1-200x0.jpg

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。
 
 
「表彰制度」という本をご紹介します。
 
先日、この本の出版パーティーが京都であり行ってきました。
この本を書かれたのは日本表彰研究所という団体です。
http://www.hyosho.jp/
 
弊社とは「日本」と「研究所」が被っています。

この本は同志社大学政策学部の太田 肇教授http://www.h7.dion.ne.jp/~ohta/index.html
が書かれていますが、共著として上の日本表彰研究所のメンバーが執筆されています。
 
そして、この研究所の事務局長が私共の業界で活躍されていて、経営者の大先輩であり尊敬する、山城工芸・123トロフィー代表の田村信夫さんです。
http://www.yamashiro.co.jp/
http://www.123-trophy.com/

 
田村さんとは、表彰つながりでご縁を頂き、表彰業界や表彰記念品について以前、お話させて頂いた経緯があります。

今回、その山城工芸の田村さんが本を書かれたとの連絡があり、その本の出版パーティーへのお誘いがありました。

表彰業界の端くれであり、関東の一匹狼な表彰マンの私としては、何が何でもパーティーに参加して、田村さんに直接お祝いを申し上げたいと思っておりました。


 
201308222059_2-300x0.jpg


そもそも日本表彰研究所という団体にとても興味がありました。

もちろん内容もさることながら、どのような方々がメンバーなのかも含めて。
 
表彰について課題と効能を見つけ突き詰めている、表彰を研究しているという意味では、かなり私共と共通点があるはずです。
 
弊社は、創業以来、美術と表彰について独自で研究をしてきました。
しかし、「表彰制度」については、あまり深くは考えてきませんでした。
アカデミックな世界ではなく、あくまでもビジネスとしての表彰しか見てきませんでした。
 
というのも、私どもにとっては表彰記念品がビジネス上のアイテムであり、どのような表彰制度であろうが、表彰をしていただき、表彰記念品を製作することで商売が成り立っています。

 
弊社では、表彰と言うものはさしあげる方も、頂いた方も、どちらも満足する物を選ぶべきではないかという事を主張してきました。
 表彰、特に美術という物を取り扱っている業者と致しまして、表彰と美術品を取り持つ事でより華やかなもの、付加価値のあるものにしていければと思っております。  
 とかく現代においては、時計やブランド品を贈呈する事も、もちろん表彰としては良く見られる光景です。
 
ただ、太古の昔から続く栄誉・功労・評価の証としてのメダルや表彰楯・盾などは本来お金の価値には変えられない物だったはずなのです。
 しかし、残念ながらこの数十年は、社会はすべて物事をお金の価値で計ろうとする傾向あります。
幾らの物だから価値があり、または名前が有名な商品だから将来価値が出て喜ばしい、など・・・・・・・。
 
しかし、表彰制度をアカデミックな立場でとらえた場合は、そんな一企業の主義主張はどうでも良いのです。

ご褒美の対価がお金であることも当然であり、副賞があろうが記念品があろうが、どうでもいいのです。

名誉でやる気を引き出す「表彰」という制度そのものが重要な役目なのです。

201308222059_3-300x0.jpg


 
この本は、純粋に、表彰制度を取り入れるとどのような変化が起こるのかの成功事例が満載です。

コストを掛けずに会社や組織がどれだけ変化し、人が動くのか・・・。

制度そのものに焦点を当てていて、従業員の意識改革に一石を投じるような内容です。
 
なにより日本で初めて表彰制度について書かれた本だそうです。

繰り返しになりますが、表彰制度を取り入れることで、社員やそこで従事する者たちがどれだけやる気を出すようになるか。

組織全体の意識改革が表彰制度によってどのように作用するかなど。

本当に良くまとめられているビジネス書なのです。

 
 
http://www.amazon.co.jp/%E8%A1%A8%E5%BD%B0%E5%88%B6%E5%BA%A6-%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%88%A6%E7%95%A5-%E5%A4%AA%E7%94%B0-%E8%82%87/dp/4492533311
 
◆主要目次
 
第I部 表彰で日本人を元気に
 
1 なぜいま、表彰か
2 表彰は、"やる気"アップの切り札
3 多方面に波及するその効果
 
第II部 こんなに使える表彰制度
 
1 製造業の事例
2 飲食・サービス業の事例
3 流通・小売業の事例
4 運輸通信業の事例
5 その他業種の事例
6 公的機関などの事例
 
第III部 あなたの会社にこうして応用しよう――表彰の3タイプ
 
1 最大の功労者を賞讃する「顕彰型」
2 縁の下の力持ちを称える「奨励型」
3 職場の雰囲気づくりには「HR型」
 
 
(以上 Amazonより抜粋)
 
 
パーティーでは田村さんを通して関西で活躍されている表彰業界の経営者さんを数名ご紹介頂きました。

また同じテーブルでは、さまざまな業界の方々とお話をさせて頂き、おいしいお食事と共に楽しい会話に華が咲きました。

それぞれのご縁に感謝です。


 
201308222059_4-250x0.jpg
                                               お土産にこんなものを頂きました
 
                         「勉強熱心de賞」
                    なんだか嬉しい気持ちになりました
                  
 


表彰、表彰制度には、本当にすごい力があることをこの本を通して知ることができました。
 
日本表彰研究所の皆様方への感謝をこの場を借りて申し上げます。

そして、貴研究所の今後のますますのご発展を祈念いたします。


最後に、
 
事務局長の田村さん、本当にどうもありがとうございました。

そして、おめでとうございます。
 

 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
日本金属工芸研究所 オフィシャルサイト
 
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709  FAX 03-3813-0003
E-mail :info@jmaac.co.jp
URL  :http://www.jmaac.co.jp/ 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
◇㈱日本金属工芸研究所 活動ブログ
 http://www.jmaac.co.jp/blog/
 
Facebook  
http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft
 
◇表彰記念品 表彰盾 ブロンズ像 日本金属工芸研究所 Ameba Blog 

http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/ 
 
◇nihonkinzoku.com  ニホンキンゾクwebsite

http://www.nihonkinzoku.com/ 
  
 ◇トロフィーlabo
 https://sites.google.com/site/torofylabo/
 
◇表彰labo
 https://sites.google.com/site/torofy/

 
 
◇FIDEM   International Art Medal Federation
 http://jmaac.keikai.topblog.jp/image/fidemrogo2.jpg
 
 
◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
 http://www.itk.jp/
 
 
◇ビジネス情報ネットリンク集
 http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html
 
 
にほんブログ村 経営ブログ 経営者
http://management.blogmura.com/manage
http://blog.with2.net/link.php?966072