大きくする 標準 小さくする
次ページ

2020年12月01日(火)更新

FIDEM TOKYO 2020 まで あと1年

開催延期が決定しているFIDEM TOKYO 2020まで、1年となりました。


世界メダル会議  
 
FIDEM TOKYO 2020 XXXVI FIDEM Congress

第36回世界メダル会議

 日時     2021年12月1日(水)~12月4日(土)
 会場     ホテル雅叙園東京
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
 主催     一般社団法人FIDEM JAPAN


国際メダル展
 

FIDEM International Contemporary Art Medal Exhibition
第36回国際メダル展

日時       一般公開 2021年12月2日(木)~2021年12月16日(木)
※12月1日に関係者・プレスのみの公開日があります。
会場       ホテル雅叙園東京内「百段階段」
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
主催       一般社団法人FIDEM JAPAN



FIDEM TOKYO 2020 XXXVI FIDEM Congress
FIDEM International Contemporary Art Medal Exhibition


It is now a full year to the event.

The new dates for the XXXVI congress are 1st to 4th December 2021.

The new dates for the XXXVI exhibition are 2nd to 16th December 2021.

We look forward to seeing you next year.

Japan is proud to be hosting the XXXVI FIDEM Art Medal Congress and Exhibition in Tokyo in 2021.
2021 is a memorable year for Japan.
We will hold the congress and exhibition in a venue where you will experience the beauty of Japan.

Let's meet in Tokyo in 2021.

http://fidem2020.tokyo/

 

2020年11月08日(日)更新

おやま豊門芸術祭 うつろいの住処-それぞれの地平 展

本日より、静岡県小山町で「おやま豊門芸術祭 うつろいの住処-それぞれの地平」という展覧会を開催しています。
お世話になっている彫刻家の宮坂先生と小松先生も参加しています。
静岡県駿東郡小山町の国登録有形文化財「豊門会館 旧和田家住宅」で行う、
絵画・彫刻・書・詩などで活動する芸術家17名による「建築、芸術、地域」の三位一体となった美術展覧会だそうです。

おやま豊門芸術祭 うつろいの住処-それぞれの地平」
2020年11月8日(日)~28日(土) ※月曜休館、但し23日は開催、24日休館  
10時~17時(但し金曜18時まで開館、最終日16時まで)

皆様、是非足をお運びください。


2020年05月26日(火)更新

営業再開のお知らせ

2020年3月31日より自主的に休業に入り、非常事態宣言発行後は、営業を引き続き休業していました。
このたび「非常事態宣言」が解除されたことを受け、
2020年5月26日(火)より営業を再開させていただくはこびとなりました。

約2か月の間、ご迷惑とご心配をお掛けしました取引業者様、そしてお客様にお詫び致します。
新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではありません。
今後とも十分な注意を払いながら、営業をしていく次第です。
社員一同、適切な消毒や換気など感染防止対策、スタッフの体調管理、マスクの着用、距離の確保など、出来る限りことに取り組んでいきたいと思います。

 

2020年04月08日(水)更新

新型コロナウイルス感染症対策 休業のお知らせ

休業のお知らせ
 
いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸の山田です。

さて、誠に勝手ではございますが弊社は、

先行して3月31日より対応してきました今般の新型コロナウイルスの感染症対策の一環としての休業を、
4月8日からも引き続き継続することになりました。

期間は無期限です。

ただ休業という形で営業はしておりませんが、既に受注して動いているお仕事がございますので、
今後はどこかの段階で社員は「輪番勤務」や「時差出勤」などの対応を取りながら製造を進めます。

納品予定日にできるだけ間に合うように社内調整して参ります。
しかし、直接納品は行えませんので、お気を付けください。


また、納品時にリクエストがございます場合はお問い合わせください。
info@jmaac.co.jp

お客様、および業者様には大変ご迷惑お掛け致しますが、何卒ご了承頂けますようお願い申し上げます。
 
今後は営業再開などの対応期間は状況を鑑みて決定致します。
改めてご連絡致します。
 
代表取締役 山田敏晶

 

2019年12月10日(火)更新

世界メダル会議と国際メダル展 2020

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。

実は私は一般社団法人
FIDEM  JAPAN の代表理事をしております。
そこで、開催が来年に迫った

国際メダル連盟(F.I.D.E.M)「フィデム」主催の「FIDEM 世界メダル会議」「FIDEM 国際メダル展」について、以前もご紹介しましたが、改めて再度御説明致します。

F.I.D.E.M (Fédération Internationale de la Médailles dArt)とは、    
国際メダル連盟と訳されており、
1937年、国際的レベルに於ける”Medal Art”の普及と振興を目的として設立されました。日本名では「フィデム」と呼びます。 
現在の加盟国は
46ヶ国です。

各国の美術館、ギャラリー、造幣局、その他研究機関、徽章製造業者、学芸員、教育者、アーティスト、メダルコレクターなどによって構成されています。

FIDEM  Art Medal World Congress(世界メダル会議)の開催はその中心的な活動になっています。 Congressは原則2年に一度、毎回異なった国、異なった場所で開催されます。

また国際メダル展も同時に開催され、世界中からアーティストや関係者が集まります。
人数は開催場所や条件にもよるのですがこれまでは
150
名位です。
世界メダル会議の期間中には
Medalの歴史、表現、意義などに関するレクチャーやワークショップ、美術館などへの訪問、交流会、晩餐会など、前夜祭を含めると5日間のプログラムで行われます。


FIDEMというこのイベントですが、2020年の10月に東京で開催されることが決定しております。FIDEM TOKYO 2020   XXXVI  FIDEM congress  
36回 世界メダル会議・国際メダル展です。
 
東京・目黒区にある「ホテル雅叙園東京」が世界メダル会議のメイン会場です。
また、国際メダル展はホテル雅叙園東京内の東京都指定有形文化財「百段階段」で開催されます。

FIDEM(フィデム)世界メダル会議および国際メダル展は、アジアで初開催です。今回の世界メダル会議には、海外からの参加者約120名以上が参加し、日本からも約30名の参加が現時点で想定されております。なお国際メダル展覧会には46か国から900点の出品出展を予定しております。


美術分野の地味な世界会議・国際展覧会ではありますが、国を代表して開催する、海外から関係者をお招きするイベントです。FIDEM(フィデム)は、純粋なアートイベントというだけでなく、やはり東京都はもちろん、地域振興、アジア、オリンピックイヤーの文化プログラムの一環ともいえる美術イベントとして活動してまいります。

メダルというものは小さな世界ではありますが、FIDEMの国際メダル展は、「美術のオリンピック」、「メダルのオリンピック」と言っても過言ではないと思っております。その流れから国際的なイベントをオール日本・オール東京で取り組んでいく仕組みを今後は作りたいと思っています。

産業発展、観光、教育にもつながるアートイベント・文化国際交流をとおして、2020年にFIDEMが東京で盛大に開催できるように活動していきます。

なお、各WEBサイトが随時更新されております。

FIDEM 国際メダル連盟
https://www.fidem-medals.org/
一般社団法人FIDEM JAPAN 
http://fidem2020.main.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/fidemjapan/
FIDEM TOKYO 2020 オフィシャルWEBサイト 英語版のみ
http://fidem2020.tokyo/

ご理解ご協力を頂けますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

運営に関するご質問は以下のメールアドレス宛にお願い致します。
一般社団法人FIDEM JAPAN  FIDEM TOKYO 2020実行委員会
info@fidem2020.tokyo

 


 

2019年11月12日(火)更新

第37回アートメダル展 作品募集

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

弊社が維持会員として活動支援しております日本芸術メダル協会の展覧会、作品募集のお知らせです。

第37回 日本アートメダル展

作品募集

日本芸術メダル協会では、2020年(令和2年)1月21日(火)から26日(日)まで開催される、第37回展へ出品する作品を募集しています。

 
【 コンペティション部門 】
出品資格 国籍、年齢、資格等は問わない
応募作品 応募者自身がメダルであると考えるもの
他のコンペティションなどで未発表のものに限る
寸法 メダル作品は縦横高さ各15㎝以内
素材・技法 特に規定はなし
展示方法 作品は壁面掛け展示および台上置き展示 壁面掛け展示の場合は裏面に必要な吊り具、ひも等は必ず付けること
出品料 会員/5点まで 12,000円 準会員/5点まで 8,000円 非会員/1点につき 5,000円
 
【 展示について 】
会期 令和2年1月21日(火)~ 26日(日) 9:30~17:30 (入場は17:00まで) ※最終日は15:00まで(入場は14:30まで)
会場 東京都美術館 ギャラリーB 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36 TEL:03-3823-6921(代表)
【 賞及び賞金 】
コンペティション部門の応募作品は審査の上、下記の賞を与えます
日本芸術メダル協会大賞 賞状、副賞10万円 最も優れた応募作品に与えられます
造幣局理事長賞 賞状、副賞 伝統的メダルの観点から最も優れた応募作品に与えられます
コンテンポラリー・アートメダル賞 賞状、副賞5万円 メダルに対する新しい提案のある最も優れた応募作品に与えられます
新人賞 賞状、副賞3万円 当協会に入会して2年以内又は非会員で初出品の優れた応募作品に与えられます
【 審査 】
審査員長 籔内佐斗司 東京藝術大学教授・副学長
審査員 熊谷 昌之 日本芸術メダル協会理事長
審査員 川隅 重美 元造幣局工芸管理官
〈敬称略〉
   
【 申込方法 】
申込書に必要事項を記入の上、下記当協会事務局宛に郵送するか、または下記出品申込フォームからお申込み下さい。 申込書は当協会ウェブサイト(www.jama-artmedal.jp)からダウンロードするか、当協会事務局まで請求してください。
申込先 〒113-0024 東京都文京区西片2-18-17 日本芸術メダル協会事務局(三賞株式会社内)
振込先 各部門とも搬入前に下記口座に振り込んで下さい

 

ゆうちょ銀行 口座記号/10100 口座番号/92187171 口座名/ニホンゲイジュツメダルキョウカイ
三井住友銀行 支店名/上野支店 口座番号/8344741 口座名/ニホンゲイジュツメダルキョウカイ
締切り 令和元年12月2日(月)※書類および出品料の締め切り
募集要項 募集要項(PDFファイル)
出品申込書 日本アートメダル展 出品申込書(PDFファイル)

2019年09月16日(月)更新

秋の展覧会シーズン はじまりました

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。

2019年も秋の美術展覧会のシーズンが始まりました。

弊社も各公募展の表彰記念品のお手伝いをさせて頂いておりますので、
9月、10月の会期中の表彰式に向けて今年の夏も忙しく製造をしてきました。

また、これからは秋の各芸術祭もピークを迎えますので、11月の終わりまでそれぞれの県や団体の表彰記念品の製造が続きます。

繁忙期につき、新しいお客様からの急なご要望にお応えしずらい時期でございます。

ご了承頂けますようお願い申し上げます。

 

2019年07月24日(水)更新

東京2020オリンピックメダル デザイン発表されました

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

日本金属工芸研究所の山田です。

さて、ついに東京2020オリンピックのメダルデザインが発表されました。

画像を転載できませんので、以下の公式サイトからご覧ください。
https://jmaac.keikai.topblog.jp/management/blog/blog_item_edit/blog_id=7

このデザインについての感想は、
日本芸術メダル協会の理事として、また国際メダル連盟 FIDEMの下で2020年にFIDEM TOKYO 2020国際メダル展覧会を開催する一般社団法人FIDEM JAPANの代表理事としての立場上、コメントは控えさせて頂きます。


 

2019年07月17日(水)更新

長雨が続き・・・  商品の仕上げが・・・

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。

東京は記録的な日照不足とのことで、梅雨とはいえ、長雨が続いております。
6月の終わりぐらいから、太陽が全く見えていなかったという事です。

弊社の仕事は、実は太陽を必要としています。
天日干し???

もちろんその類の仕上げもあるのですが、日照不足、その事による影響は、大きいのです。

青銅色仕上げ(つまり青錆仕上げ)の場合、太陽の光、お日様が絶対的に必要です。
晴れていないとできない作業でありますので、薄い曇りならば、まあ絶対にダメなわけではありませんが、
厚い雲に覆われていたり、太陽の光や熱がほとんど届かないと、良い仕上げになりません。

銀や銀めっきの作品を黒くする「いぶし」 通称、古美(ふるび)と呼んでいる作業でも、紫外線は必要です。
太陽が出ていなくても、薄曇りならこちらは大丈夫。

ただ、基本的には、そういう時はこれらの仕上げを行いません。
天気はコントロールできませんので、太陽の恵みに感謝し、表彰記念品の色仕上げ行っているのです。

はたして、今年のこの梅雨空はいつまで続くのか。
私は雨男なので、雨も嫌いじゃなのですが…。
やはり仕事になりませんので。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・表彰楯・レリーフ彫刻・アクセサリー
 株式会社 日本金属工芸研究所 
Japan Metal Art and Craft Co.,Ltd.

〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail info@jmaac.co.jp     
URLhttp://www.jmaac.co.jp  
URL : https://www.nihonkinzoku.com/

Facebook http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft


社長ブログ : http://jmaac.keikai.topblog.jp/

トロフィー labo : https://sites.google.com/site/torofylabo/

表彰labo: https://sites.google.com/site/torofy/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

2019年06月19日(水)更新

来年2020年10月 FIDEM 世界メダル会議 国際メダル展 開催決定 in TOKYO

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。


FIDEM 開催にむけて
「国際メダル展」「世界メダル会議」

国際メダル連盟(F.I.D.E.M)主催の「世界メダル会議」「国際メダル展」および「メダル展 カタログ」について、御説明致します。
日本の日本芸術メダル協会が所属する国際組織に、国際メダル連盟(F.I.D.E.M)というものがあります。

 F.I.D.E.M (Fédération Internationale de la Médailles dArt)とは、    
国際芸術メダル連盟と訳されており、

1937
年、国際的レベルに於ける”Medal Art”の普及と振興を目的として設立されました。日本名では「フィデム」と呼びます。 現在の加盟国は約40ヶ国です。

各国の美術館、ギャラリー、造幣局、その他研究機関、徽章製造業者、学芸員、教育者、アーティスト、メダルコレクターなどによって構成されています。

日本芸術メダル協会(JAMA)も1969年に加盟が認められ、日本の代表機関として世界と交流し活動しています。FIDEMの主な活動は、展覧会の運営、出版及び各種イベントを通して”Medal Art”の歴史及び技術に対する意識を高めることと、芸術分野に於けるアートメダルの位置を確立することです。

 そのなかでもFIDEM  Art Medal World Congresses(世界メダル会議)の開催はその中心的な活動になっています。 Congressesは原則2年に一度、毎回異なった国、異なった場所で開催されます。

また国際メダル展も同時に開催され、約900点のコンテンポラリーメダルが世界中から出品され、アーティストや関係者たちが集まります。
人数は開催場所や条件にもよるのですがこれまでは
120名~200名です。
世界メダル会議の期間中にはMedalの歴史、表現、意義などに関するレクチャーやワークショップ、美術館などへの訪問、交流会、晩餐会など、前夜祭を含めると5日間のプログラムで行われます。


2017811日、カナダの首都オタワでFIDEM諮問委員会と各国代表者による中間会議があり、プレゼンテーションを行いました。もう一つの候補であったイタリア・フィレンツェとの比較検討の末、2020年に日本・東京でFIDEM世界メダル会議及び国際メダル展が開催されることが正式に決定致しました。そして、20185月のカナダ・オタワ大会において、東京大会の公式プレゼンテーションが行われました。

2020年に東京で国際メダル展、世界メダル会議を開催する事で、 「東京」「メダル」「オリンピック」「世界」「美術」「工芸」「デザイン」「教育」という事でFIDEMが一般にも繋がっていくと想像しております。
 
2020年は、スポーツだけではなく、芸術文化での世界交流も絶対に必要である、という考えで各所にアプローチする計画をしています。


https://www.fidem-medals.org/congress%20upcoming.html




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・表彰楯・レリーフ彫刻・アクセサリー
 株式会社 日本金属工芸研究所 
Japan Metal Art and Craft Co.,Ltd.

〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail info@jmaac.co.jp     
URLhttp://www.jmaac.co.jp  
URL : https://www.nihonkinzoku.com/

Facebook http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft


社長ブログ : http://jmaac.keikai.topblog.jp/

トロフィー labo : https://sites.google.com/site/torofylabo/

表彰labo: https://sites.google.com/site/torofy/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



 
次へ»

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年1月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...