大きくする 標準 小さくする
前ページ

2020年05月26日(火)更新

営業再開のお知らせ

2020年3月31日より自主的に休業に入り、非常事態宣言発行後は、営業を引き続き休業していました。
このたび「非常事態宣言」が解除されたことを受け、
2020年5月26日(火)より営業を再開させていただくはこびとなりました。

約2か月の間、ご迷惑とご心配をお掛けしました取引業者様、そしてお客様にお詫び致します。
新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではありません。
今後とも十分な注意を払いながら、営業をしていく次第です。
社員一同、適切な消毒や換気など感染防止対策、スタッフの体調管理、マスクの着用、距離の確保など、出来る限りことに取り組んでいきたいと思います。

 

2020年04月08日(水)更新

新型コロナウイルス感染症対策 休業のお知らせ

休業のお知らせ
 
いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸の山田です。

さて、誠に勝手ではございますが弊社は、

先行して3月31日より対応してきました今般の新型コロナウイルスの感染症対策の一環としての休業を、
4月8日からも引き続き継続することになりました。

期間は無期限です。

ただ休業という形で営業はしておりませんが、既に受注して動いているお仕事がございますので、
今後はどこかの段階で社員は「輪番勤務」や「時差出勤」などの対応を取りながら製造を進めます。

納品予定日にできるだけ間に合うように社内調整して参ります。
しかし、直接納品は行えませんので、お気を付けください。


また、納品時にリクエストがございます場合はお問い合わせください。
info@jmaac.co.jp

お客様、および業者様には大変ご迷惑お掛け致しますが、何卒ご了承頂けますようお願い申し上げます。
 
今後は営業再開などの対応期間は状況を鑑みて決定致します。
改めてご連絡致します。
 
代表取締役 山田敏晶

 

2019年12月10日(火)更新

世界メダル会議と国際メダル展 2020

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。

実は私は一般社団法人
FIDEM  JAPAN の代表理事をしております。
そこで、開催が来年に迫った

国際メダル連盟(F.I.D.E.M)「フィデム」主催の「FIDEM 世界メダル会議」「FIDEM 国際メダル展」について、以前もご紹介しましたが、改めて再度御説明致します。

F.I.D.E.M (Fédération Internationale de la Médailles dArt)とは、    
国際メダル連盟と訳されており、
1937年、国際的レベルに於ける”Medal Art”の普及と振興を目的として設立されました。日本名では「フィデム」と呼びます。 
現在の加盟国は
46ヶ国です。

各国の美術館、ギャラリー、造幣局、その他研究機関、徽章製造業者、学芸員、教育者、アーティスト、メダルコレクターなどによって構成されています。

FIDEM  Art Medal World Congress(世界メダル会議)の開催はその中心的な活動になっています。 Congressは原則2年に一度、毎回異なった国、異なった場所で開催されます。

また国際メダル展も同時に開催され、世界中からアーティストや関係者が集まります。
人数は開催場所や条件にもよるのですがこれまでは
150
名位です。
世界メダル会議の期間中には
Medalの歴史、表現、意義などに関するレクチャーやワークショップ、美術館などへの訪問、交流会、晩餐会など、前夜祭を含めると5日間のプログラムで行われます。


FIDEMというこのイベントですが、2020年の10月に東京で開催されることが決定しております。FIDEM TOKYO 2020   XXXVI  FIDEM congress  
36回 世界メダル会議・国際メダル展です。
 
東京・目黒区にある「ホテル雅叙園東京」が世界メダル会議のメイン会場です。
また、国際メダル展はホテル雅叙園東京内の東京都指定有形文化財「百段階段」で開催されます。

FIDEM(フィデム)世界メダル会議および国際メダル展は、アジアで初開催です。今回の世界メダル会議には、海外からの参加者約120名以上が参加し、日本からも約30名の参加が現時点で想定されております。なお国際メダル展覧会には46か国から900点の出品出展を予定しております。


美術分野の地味な世界会議・国際展覧会ではありますが、国を代表して開催する、海外から関係者をお招きするイベントです。FIDEM(フィデム)は、純粋なアートイベントというだけでなく、やはり東京都はもちろん、地域振興、アジア、オリンピックイヤーの文化プログラムの一環ともいえる美術イベントとして活動してまいります。

メダルというものは小さな世界ではありますが、FIDEMの国際メダル展は、「美術のオリンピック」、「メダルのオリンピック」と言っても過言ではないと思っております。その流れから国際的なイベントをオール日本・オール東京で取り組んでいく仕組みを今後は作りたいと思っています。

産業発展、観光、教育にもつながるアートイベント・文化国際交流をとおして、2020年にFIDEMが東京で盛大に開催できるように活動していきます。

なお、各WEBサイトが随時更新されております。

FIDEM 国際メダル連盟
https://www.fidem-medals.org/
一般社団法人FIDEM JAPAN 
http://fidem2020.main.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/fidemjapan/
FIDEM TOKYO 2020 オフィシャルWEBサイト 英語版のみ
http://fidem2020.tokyo/

ご理解ご協力を頂けますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

運営に関するご質問は以下のメールアドレス宛にお願い致します。
一般社団法人FIDEM JAPAN  FIDEM TOKYO 2020実行委員会
info@fidem2020.tokyo

 


 

2019年01月04日(金)更新

謹賀新年 2019

皆さま
健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。


昨年は年初より大きな仕事を抱え、本格的に始動した3月から夏前まで忙しい日々を過ごしました。
お客様との信頼関係と関係協力会社様の多大なるご尽力により、無事に完納することが出来ました。
関りがあったすべての皆さまの努力に心から感謝いたします。


また、秋には例年通り、スケジュールに追われる仕事が入り、混乱気味でしたが社内で連携を取り合いながらうまく進められました。
お陰様で目立ったトラブルもなく、1年が過ごせました事を安堵しております。
毎年このようなお仕事にも優秀な社員と仕事に取り組むことができ、社長として冥利に尽きます。

今年は変革の年、新しいお仕事、お客様を開拓し、掃除の仕方や改善ポイントの発見を社員一丸となって前進していきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
平成三十一年
 

2018年12月28日(金)更新

仕事納め 



本日で2018年、平成最後の仕事納めとなります。
大掃除も終わり、きれいさっぱりと。

一年間ありがとうございました。
様々な事があった年でしたが、社員と力を合わせ乗り切れました。
来年もよろしくお願い致します。

代表取締役 山田敏晶

 
«前へ
<<  2020年8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー