大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


公募展って???

投稿日時:2009/09/28(月) 18:15rss

既に終わってしまったのですが「新制作展」という展覧会を国立新美術館で観てきました。

koubo2

弊社はこの団体の広告協賛しておりますし、ここの彫刻部に所属しておられる多くの先生方とは長年に渡りビジネス上でお取引させて頂いております。

皆様は公募展ってご存知でしょうか?

公募展とは、一般の人(皆様の周りにいらっしゃる方どなたでも)から作品を募集して、各美術や芸術団体の運営委員、会員、または内外の審査員などが審査し、その会の賞基準に合った作品を選抜して、美術館や会場などに会員の作品と一緒に展示をする展覧会のことです。

つまり、まず会があり、その展覧会が公募展という事です。

秋になると電車の吊りこみ広告や新聞、ラジオやテレビで宣伝している「日展」などは代表的な公募展です。

このWikipediaに主な公募展のリストが載っていますのでご参考に。

絵画(洋画・日本画)はもちろん、彫刻、工芸、書、写真、デザインなどなど様々なジャンルがあります。

歴史ある団体や人気団体などは、何年か審査を通って展示されなければ会員になることさえ難しい会もたくさん存在します。

ですが、いくつかの会の場合は会員になりさえすれば展示して頂けます。

つまり出品費をちゃんと払いさえすれば、審査もなく、とうぜん当落もないので誰でも出品できるという姿勢の会もあります。

だから、言ってしまえば誰でも自称アーティストと名のれるわけです。

同じようなジャンルの会、ライバルの会が乱立しておりますので会員を増やす活動も盛んです。

そして出品する方はどの団体が自分に一番合っているかの見極めも必要となります。

実は海外はこの公募展というものはそこまで多くありません。

もちろん印象派の頃の話で有名なフランスのサロンというものなどはありますが。

それに比べ、日本の場合は公募展天国と言っても過言ではないくらいたくさんあるわけです。

もちろん作品のレベルはバラバラです。

あえて申しませんが、有名な公募展にはやはりその分野の第一線で活躍されている先生方が多く所属していて、美術大学の先生やまた美術家としてご飯を食べていらしゃっる方も多いので、賞レースなどある意味、戦場となります。

以前までは東京都美術館で開催する美術団体が多く、100~150の団体があるといわれておりました。
koubo3

現在は都美術館が改築の為、国立新美術館での開催に移行している会・団体が増えています。

知り合いの方に案内状を出し作品を見に来て頂くこと以外に、不特定多数の方に作品を紹介できる場でもあります。

芸術の秋です。

文字通り秋は公募展が多いので皆様もお知り合いから案内状が届くのではないでしょうか。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
 http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
 http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
 http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
e9c8ee7dc6ee8e672b8997ef501ccebf.png?1534400940
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年8月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...