大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


手紙一つで・・・

投稿日時:2009/11/02(月) 18:24rss

嬉しい事がありました。
というより、ものすごく心が動かされ、仕事をさせて頂いて良かった。
自分も今後はどうしていくべきか、色々と考えさせられました。

ある「手紙」を頂いて・・・。

弊社は長年、親戚の者が所属していた関係から、慶應義塾大学柔道部より早慶戦のトロフィー及び表彰楯(盾)の製作を依頼されております。

先日無事に商品を納め、そして試合が開催された後、弊社の広告も載っている今年度のパンフレットが手紙と共に届きました。

panfu

ですが、今年は少し違いました。

毎年お礼のお手紙をご丁寧に頂くのですが、今年の手紙はこの様に手書きだったのです。

tegami

慶應義塾大学の体躯会柔道部の主務の方、そして早慶戦実行委員会の担当の学生様からのお礼のお手紙です。
(これは本当は要らないのですが、パンフレットの広告掲載料の請求書も同封されておりました・・・)

すごくきれいな字ではありませんが、字が汚い私からすると十分読める字です。

(パンフレットの広告掲載料の請求書はワープロ打ちで同封されておりましたが・・・)

実はこの手書きの手紙に感動したのです。

弊社はお客様の1/3が彫刻家や工芸家、デザイナーなどです。
しかも年配のアーティストが多く、仕事依頼やもちろんお礼のお手紙を頂く場合は手書きの手紙やはがきが届きます。

しかし、若い世代のアーティストとは当然メールでのやり取りがほとんどですし、企業の皆様とはほぼ100パーセント、お礼のお手紙を頂く場合はメールまたはワープロ打ちです。

なので、若い方々(私もまだ30代ですが)から手書きのお手紙を頂いた事に驚きと、そして少しの違和感を感じました。
良い意味での違和感です。

試合の報告や今後の努力の取組についてなども綴ってあり、ちょっとした教え子からの手紙のような。

これがワープロ打ちだったりメールだったら、さらっと読み流してしまう事でしょう。
いつもはそうですから。

ですが、今回は手書き。
手で書かれたこの手紙の文章を読んだ瞬間に、
「ああ、仕事して良かった。また来年以降も協力してあげたい。」
そう、思ったのでした。

商品はほぼ原価で提供していますし、パンフレットの広告も毎回頼まれて協力していますから、正直もうけはありません。

ただ、学生柔道を応援してきた会社であるプライドと、本物のオリジナルの表彰楯というものを学生さんに見て頂きたい、そして早慶戦というイベントの思い出として一生ものとして大事に飾って頂きたい。

soukei

そういった意味合いもあり、これまでずっと継続して製作しております。

手書きの手紙。

確かに、「お手紙をちゃんと書きましょう、」という事は経営者の間でもよく聞かれます。
もちろん手書きを薦めている先輩方や講師の先生などもたくさんいらっしゃいます。

ですが、自分ではそこまで意識した事が無く、手書きは10回に一回ぐらいでしょうか。

今回の様に自分の気持ちが動かされ、感謝された相手の心が通じた事はありませんでした。もちろん儀礼的な常識ある行動で、当然であると考える方もいらっしゃるでしょうけど。

手書きである事の重さ。
そしてインパクトという意味でも、現代社会や経営においても何かこの時間が掛かる行為とアナログの良さを見直し、社会生活のヒントになる様な行為。

パフォーマンスでは無く、自分の感謝の気持ち、お詫びなど、心を伝えたい時であればある時ほど、手書きで書いてみようと思いました。

ラブレターを手書きで書く機会があれば、ほんとは良いのになあァ。(独り言)
妻の誕生日に書いてみます。(公言)


学生さんには、ほんとに感謝です・・・。

という事は、
ちゃんと手書きで、この感動のお礼のお手紙を返すべきですよね!?

素敵な便箋買ってきます!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...