大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「馬」の答えやら、お土産やら、早朝やら…

投稿日時:2010/04/02(金) 19:24rss

先日の3月23日のブログの記事。
「馬」についての答えを今日発表します。

治部電気㈱の、経営者会報ブロガーじぶけんさんにはすぐにコメントを頂きました。

また、このブログを読んでくださっている方にも外で聞かれたりもしました。

やはり大半の答えは「木」「流木」「ステッキ(杖)」などでしたね。

まあ、これは正解と言ってしまいそうなのですが、不正解です。

金属製 馬


実はこれは、ブロンズ製なのです。
一見しただけでは分かりませんが、ちゃんと書いてありました。
ブロンズで作ったものを「木」「流木」の様に着色したんでしょう。
それにしても見事なカモフラージュ。

流木などを組み合わせ、接合したものを原型としてパーツパーツで型をとり、そこに溶けた金属(ブロンズ)を流して、最後に組み合わせて成形した。
想像するとこういう工程でしょう。
つまり鋳物です。

もしかしたらパーツに分けないでそのまま一体で造っているかもしれませんけど。

それにしても、一見では金属には思えません。
我々の目の情報でそう勝手に判断してしまいます。

流木風金属製馬

でも、近くで感じるマテリアルは木の様に暖かくは無く、やはり金属特有の感覚、つまり冷たさがありました。
写真では伝わりませんけど、軽々しくは見えなく、重厚なイメージが感じられるのです。

たぶん、この作品は金属で出来ているからこそ存在感もあり、これがほんとに木を組み合わせたものだったらそこまでパワーを感じられなかった事でしょう。

また、アミューズメントパークの入口や中の装飾の様に、見た目は着色でどの様にでもでき、造形し易いプラスチックだったら、たぶん、なおさら安っぽく感じる事でしょう。

流木風金属製馬 胴体

人間の感覚とは不思議なものです。

もちろん、文字情報として「ブロンズ製」となっていた事を確認しているから、ここまで言い切れるんでしょうけれど。

でも金属でこういう立体物に置き換え造る意味、金属製の存在意義を再認識しました。

スタンフォード大学に寄られる際?!には、ぜひご覧になってください。


「お土産について」

先程来社されたNさんと言う女性ジュエリーデザイナーさんから、「とっても美味しいんでどうぞ」とご丁寧にお菓子を頂きました。
その名も「まめ」。

お菓子ケースの袋には場所が・・・南青山!
おお、オシャレな地区からのお菓子、期待せずにはいられません。
途中で私は席を外したのですが、外から帰ってきてすぐにそのお土産を開けてみたら、たくさん和菓子が入っておりました。

「まめ」 和菓子

賞味期限らしき数字に4月2日と書いてあったので、今日中に食べないといけないと言う事になり。

社員の作業を止めて、17時過ぎたおやつを出しました。
私も一つ頂きましたが、まあ~美味しい事!
頂いたイチゴ大福はお口の中にまさに至福の時を連れて来てくれました。
大きなイチゴがこれまた良く漉してある小豆と共に。
ボリュームと言い味と言い、感動しました。

他のおはぎや、きな粉餅もかなり美味しいらしいです。

「まめ」と言うこのお店のサイトを見つけました
http://mamemame.info/

最近は洋菓子より、こういった和菓子が美味しく感じて仕方がありません。

あんこが食べられなかった大学生までがウソの様です。

きな粉餅が一つ残っているようなので明日の早朝に頂くつもりです。


早朝…なぜ早朝か。

それは明日は仕事関係の方々と「ゴルフ」だからです。

このコンペの集合時間がなんと6時半(場所は千葉内陸地域)。

関係会社の社長さんと、主催会社の専務さんを都内で拾いますので、私は4時出です。
つまり、起きるのは3時半。
もはや「早朝」とは言わない?

明日の土曜日は営業日では無いのですが仕事が溜まっており、明日は会長や一部の社員も出てきて仕事をします。
だから、なんだか後ろめたさもあります。
「まあ、ゴルフも仕事の一部です。」

最近はそう言う事を言いきれる時代でも無いですし、私自身がそういう余裕のある身分でも無いんですけど。

でもふだんの休みの土日は私が仕事していますから、たまには良いのかな…。

とにかく、美味しそうなきな粉餅でパワーを付けて、そしてちゃんとビジネストークもしながら、スコアアップを目指して芝刈りを楽しんできます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント


参りました!

ブロンズ:鋳物とは、人間の思い込み、騙し絵的な感覚ですね

勉強になりました!ありがとうございます!

Posted by じぶけん at 2010/04/03 18:06:00 PASS:

こんにちは

視覚的な情報、思いこみで人はいかに判断しているかと言う事です。

情けない事に文字の情報を読むまで、自分もまんまと騙されましたので。

普段からもっと疑いを持つ習慣をつけないといけないのかもしれません。

そして五感を研ぎ澄ますような心がけをしなければいけない、そんな世の中になってきたということでしょうかね。

Posted by 山田敏晶 at 2010/04/05 11:49:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...