大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


美術業界と記念品業界の中で…

投稿日時:2010/04/19(月) 19:53rss

弊社は3月4月5月とこの三ヶ月間は、年度末、そして年度始まりと言う事で、経営者である私の頭の中でさえ混乱するほどにたくさんのお仕事を頂いております。
(しかし視点を変えると、このぐらい忙しいのはこの3ヶ月間と秋にちょっとだけと言うこと・・情けない話ですが・・・)

赤ちゃん 足跡レリーフ

美術業界が忙しいのか、それとも記念品業界が忙しいのか。

答えは、後者です。

美術の業界は正直、ここ数年停滞しております。
それでも弊社はお客様に恵まれ、また数多くのアーティスト様から依頼を受け仕事をさせていただいております。

ただ記念品業界の様にコンスタントに、また時期的なものはあまりありません。

では記念品業界はそんなにいつもたくさん仕事があるのかと言うと、そういうわけでもありません。

初めに書きましたが、季節的なものが影響します。
一般的には2月、3月、8月、そして10月、11月と言われています。
(弊社の場合は実は微妙にずれるのですが)


記念品業界も、最近は過当競争と不況の煽りでだんだん淘汰されていています。
コスト面でも品質面でも、相当な努力をしないと生き残れません。

アーティスト オリジナルブローチ

「弊社はオリジナルのものしか扱いませんし、自社で企画デザインから製造販売までできます。また、特殊なデザイン、アーティスト作品を製造しているから安心です。」

などとは、決して言えないほど、大変な時代に突入している事を実感する毎日です。

また、不況だと言われている世の中ではまず記念品など動くはずもなく。
イベントや企画の中止が相次ぎ、予算削減で記念品事業自体を取りやめる企業も出てきています。

その様な状況の中、弊社は何とか今年のこの時期も忙しく過ごせております。

幾つか数十年続いていた表彰、そして表彰記念品が無くなりました。

でも、その程度で食い止められており、多くのお客様から引き続き利用して頂いております。

本当に感謝の言葉しかありません。

オリジナル表彰楯(漆時計盤)

オリジナルを謳っている弊社の場合あたり前なのですが、全部違うデザイン、作品なので、受注後それぞれ必要な分だけを造り、表彰式や会合などの日程に合わせ作業をします。

表彰式やイベントと言う絶対に変更がない日程があり、数量も決まっておりますので、まさにゴールに向かって突き進む感覚です。

オリジナル 十字架

たとえば弊社の場合、B社様が「納品日を早めてください」、と言ってきたからと言って、A社様分の品をB社様に回す事が出来ないのです。
理由は上で述べたとおりです。
すべて違う品だからです。
よって、商品番号などはなく、すべて作品名です。

弊社のお取り扱い品は、厳密に言うとほとんど99%が商品ではなく作品なのです。

数ものでは無く、中には一点ものの、しかも短納期の作品もありますので、予備も作れません。
なので、なお失敗は許されません。

その様な状態では1分たりとも逆戻りは出来ないので、神様・ご先祖様に成功を祈るしかないような状況です。

浅川賞 メダル

幸いな事に、これまで大きなトラブルになった事はありません。

まあ、どんなお仕事も同じなのでしょうけれど、ある意味「命がけ」とでも言いましょうか。

代用が無い、すぐに出来ないものを造っている以上、こういった緊張感の中では「仕事をしている!」と実感する毎日です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...