大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


巨大プロミネンス(紅炎)・・・・!!!

投稿日時:2010/04/23(金) 18:21rss

新聞やニュースでご存知の方も多と思いますが、米航空宇宙局(NASA)が太陽で発生した巨大プロミネンス(紅炎)の画像を公開しました。

プロミネンスは、太陽の大気の一部が磁力線に沿って上層に噴き出す現象だそうです。

新聞各社のWEBサイトには事細かに出ておりますので、あえて他人様の画像はアップはしません。

まずは皆さんじっくりとご覧ください。

紅炎の高さは最大で何と地球の20倍だそうですよ。

一番詳しいのはasahi.comです。
動く画像もあります。

そして日本経済新聞のWEB版には巨大な鮮明写真がっ!

こんなスケールは我々人間が到底分るはずもない尺であり、そして想像できる範囲をはるかに超えた画像です。

画像検索でもこんなに出てきました。

地球から離れているから見れるのでしょうが、もう何が何だか、考えると怖くなります。

太陽がないと、我々人間は生きてはいけませんし、他の動植物も同じです。

太陽と言うのは太古の昔から信仰の対象であり、今でも神として崇めている民族や宗教はあります。

でも、肉眼でしか太陽を見る事が出来なかった時代はそれで通用したのでしょうけれど、こうやって文明の利器で「太陽とは何ぞや」と言う事がはっきりと見えてしまうと・・・。

もともとの太陽の大きさを考えれば、紅炎の大きさを想像できないのも当然です。

我々がせいぜい想像できる大きさは、昔言われていたらしい「丸ビルの高さの何倍」、または最近では当然の様な表現の「東京ドーム何個分」。

これも本当にその大きさを感じることは難しいですから、日本人にとって言葉の中だけのある意味限界な表現なんでしょう。

ふと思ったのですが、外国ではどうやって表現するんでしょうかね?

エッフェル塔何塔分とか、ピラミッド何個分、モアイ像何個分など。

話を戻すと、それにしても太陽の炎の美しさに脱帽です。

この熱と光が地球に届いているとすれば、身近に感じますけれど、この画像の炎の熱が届くのはいつのことやら。

形も素晴らしいです。

テレビゲームの中でオーバーに表現されていると思っていた炎が、実際にも同じような動きをしていて。

それがここまで鮮明に見えてしまう事の驚き。

先日、銀座天賞堂で開催された漆時計盤の作品コンテストの際の製作した楯。

漆時計盤作品展 レリーフ

これらは、時計と言う事で「○」と「太陽」を表現しています。

炎を表現しているレリーフ

しかし、今日の画像を見てしまうと、なんだか地球サイズな表現だなぁ…と。

太陽 レリーフ

よく宇宙から地球を見ると、なんてちっぽけな存在なのか実感すると宇宙飛行士たちは言いますが、太陽から見れば、ちっぽけどころでは無く。

太陽からすれば我々人間はミトコンドリアと同類の大きさでしょうし。

「色々と悩みがあって、生きるのが嫌になります…。」

とは、なぜかもう言えませんね。(思った事があるわけではありませんよ)

「せっかくだから、命燃え尽きるまで楽しんで生きたい!」

燃え尽きる事がない太陽の画像を見て、そう思いました。

太陽万歳です!

そして、アートに絡めて言うと、
今後の作品にこの紅炎をデザインとしてうまく取り入れたいなァと。

立体物のトロフィーやブロンズ像でも。


色々と考えさせられた一日でした。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...