大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


100億円があったら・・・

投稿日時:2010/05/08(土) 20:15rss

100億と言う単位は、私にとっては子供の様な単位です。

昔よく、「じゃあ、それがもし嘘だったら100億円くれよなっ!」

と言うような表現を小学生の頃に友達としていた事を思い出します。

その100億円が少し身近に感じた!?ニュースがありました。

最近までの天気予報と同様に、ジェットコースターみたいに景気情報が変わる日本経済。

本当に徐々に良くなっているんでしょうか?

それとも、ますます悪くなっているんでしょうか?

先が見えない世の中で経済活動をしていくと言うのは本当に大変な事です。

そんな中、芸術分野に係る仕事に従事している人々も当然たくさんいるわけで。

作品の造り手、つまりアーティストや、仲介業者としての企画会社や画廊、そして、それらの作品を購入するコレクターや美術館。

弊社はちょうどそれぞれの中間に位置して活動しています。

アーティストの作品制作のお手伝いはもちろんのこと、仲介業者に求められた物を製造したり、プロデューサーとして企画提案をしたり、最終クライアントに販売もしています。

本当に100億円?!

先日のニュースでご存じの方も多いかも知れませんが、ピカソの絵画がオークションで100億円の値を付けました。

これはもちろん史上最高額の落札額です。

絵画は弊社とは直接関係ないのですが、実は彫刻でも同じ現象が。

ついこの前もジャコメッティ‐の彫刻作品が史上最高額を更新したばかりです。

ジャコメッティ‐ 最高額

そう、つまりピカソにこの記録を塗り替えられたのです。

しかもほんの数カ月で。

世の中は、金融不安だったり、景気の先行き不透明だって騒いでいると言うのに・・・。

なぜ今、これらの美術品が高値で取引されているのでしょうかね??? 

ピカソの作品だから100億円なのか、または100億円の価値が本当にあるのか。

この絵に限っては、幻の作品としての価値はたしかにあると思います。
ただ、それが名画かと言えば???

この100億円と言う金額は、プロの目利きが付ければ妥当な価値なのか???

弊社ではせいぜい1000万円レベルの美術品を取り扱う事があるだけなので、億を超えるとそれだけでも怖くなります。

ましてや100億など、これほどの単位はまったく想像がつきません。

知り合いの画廊さんに聞いたところ、やはり投資の対象にされていることは間違いなさそうです。

お金を持っている人は持っているんですね~。

では、美術品バブルの再来なのでしょうか?!

とは言え、周りを見廻す限り、儲かっている美術関係者が全く居りません。

会えば愚痴ばかり。

よって、弊社が恩恵を受ける事は当分無さそうです。

当分で済めば御の字かも・・・。

永遠に?!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・レリーフ彫刻・アートアクセサリー
株式会社 日本金属工芸研究所 
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail :support@jmaac.co.jp
URL :http://www.jmaac.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


◇JMAAC ㈱日本金属工芸研究所 会社ブログ
http://ameblo.jp/nihonkinzokukougei/

◇経営者の情報技術勉強会 IT研究会
http://www.itk.jp/

◇ビジネス情報ネットリンク集
http://www.jmaac.co.jp/jlink/link7new-1.html

◇FIDEM International Art Medal Federation
http://www.fidem-medals.org/

トラックバック一覧

コメント


ジャコメッティ

ジャコメッティ、好きです!

中学の美術の教科書ではじめて見てから、
ずっと引っかかっていたのですが、
ロンドンのテート・モダンで、
実物を見たときには感動でした☆

Posted by 押切孝雄 at 2010/05/19 15:02:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...