大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


来年2020年10月 FIDEM 世界メダル会議 国際メダル展 開催決定 in TOKYO

投稿日時:2019/06/19(水) 18:01rss

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。
日本金属工芸研究所の山田です。


FIDEM 開催にむけて
「国際メダル展」「世界メダル会議」

国際メダル連盟(F.I.D.E.M)主催の「世界メダル会議」「国際メダル展」および「メダル展 カタログ」について、御説明致します。
日本の日本芸術メダル協会が所属する国際組織に、国際メダル連盟(F.I.D.E.M)というものがあります。

 F.I.D.E.M (Fédération Internationale de la Médailles dArt)とは、    
国際芸術メダル連盟と訳されており、

1937
年、国際的レベルに於ける”Medal Art”の普及と振興を目的として設立されました。日本名では「フィデム」と呼びます。 現在の加盟国は約40ヶ国です。

各国の美術館、ギャラリー、造幣局、その他研究機関、徽章製造業者、学芸員、教育者、アーティスト、メダルコレクターなどによって構成されています。

日本芸術メダル協会(JAMA)も1969年に加盟が認められ、日本の代表機関として世界と交流し活動しています。FIDEMの主な活動は、展覧会の運営、出版及び各種イベントを通して”Medal Art”の歴史及び技術に対する意識を高めることと、芸術分野に於けるアートメダルの位置を確立することです。

 そのなかでもFIDEM  Art Medal World Congresses(世界メダル会議)の開催はその中心的な活動になっています。 Congressesは原則2年に一度、毎回異なった国、異なった場所で開催されます。

また国際メダル展も同時に開催され、約900点のコンテンポラリーメダルが世界中から出品され、アーティストや関係者たちが集まります。
人数は開催場所や条件にもよるのですがこれまでは
120名~200名です。
世界メダル会議の期間中にはMedalの歴史、表現、意義などに関するレクチャーやワークショップ、美術館などへの訪問、交流会、晩餐会など、前夜祭を含めると5日間のプログラムで行われます。


2017811日、カナダの首都オタワでFIDEM諮問委員会と各国代表者による中間会議があり、プレゼンテーションを行いました。もう一つの候補であったイタリア・フィレンツェとの比較検討の末、2020年に日本・東京でFIDEM世界メダル会議及び国際メダル展が開催されることが正式に決定致しました。そして、20185月のカナダ・オタワ大会において、東京大会の公式プレゼンテーションが行われました。

2020年に東京で国際メダル展、世界メダル会議を開催する事で、 「東京」「メダル」「オリンピック」「世界」「美術」「工芸」「デザイン」「教育」という事でFIDEMが一般にも繋がっていくと想像しております。
 
2020年は、スポーツだけではなく、芸術文化での世界交流も絶対に必要である、という考えで各所にアプローチする計画をしています。


https://www.fidem-medals.org/congress%20upcoming.html




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
オリジナル表彰記念品・ブロンズ像・表彰楯・レリーフ彫刻・アクセサリー
 株式会社 日本金属工芸研究所 
Japan Metal Art and Craft Co.,Ltd.

〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-12
TEL 03-3811-7709 FAX 03-3813-0003
E-mail info@jmaac.co.jp     
URLhttp://www.jmaac.co.jp  
URL : https://www.nihonkinzoku.com/

Facebook http://www.facebook.com/JapanMetalArtCraft


社長ブログ : http://jmaac.keikai.topblog.jp/

トロフィー labo : https://sites.google.com/site/torofylabo/

表彰labo: https://sites.google.com/site/torofy/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

レリーフ彫刻 制作 ブロンズ像・表彰楯・記念盾 制作 表彰記念品 企画デザイン製造販売 アートアクセサリー 美術工芸品 プロデュ-ス オリジナル美術記念品 など 1946年(昭和21年)  東京都北区に電気鋳造会社 創業...

詳細へ

個人プロフィール

アート&デザインの世界を探究しながら、三代目として邁進しています。真面目で硬派、そしておしゃれな表彰記念品を通して、人々の心に残る作品を数多くプロデュースすることが何よりの使命。すべての分野において違いが分かる男になる為、日々勉強中。趣味はサッカー、バイオリン?!笑いの研究!?!

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • オークリー サングラス from オークリー サングラス
    鈴木梅太郎先生 - 日本金属工芸研究所 代表取締役 山田敏晶
  • 「記念品であって記念品ではない」 日本金属工芸研究所  from 経営者のためのM&A戦略・立案支援 辻松律男のブログ
    先週の日曜日、株式会社日本金属工芸研究所  山田社長の講演会を聴講してきました。 私は、ものづくりは小さい頃から好きで家の裏山で竹を切って釣り竿や竹馬・たけとんぼをよく作っていました。高校生時代になるとオートバイのツーサイクルエンジンをバラしたり組み立てたりしていました。
  • 参加者の皆様のメッセージ 笑顔の展覧会~世界からの2000人のメ... from 笑顔の展覧会 世界からの2000人のメッセージ
    笑顔の展覧会を一昨日より開催しております。 入退場自由で皆様にはふらっと立ち寄って頂いております。ありがと...
  • J-SaaS 普及促進のための意見交換会 from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に 参加をしてきました。 *当日の参加者の面々はこちらのブログから お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービ...
  • 元気な会社を作る、3Sワークショップ2日目 from 整理・整頓・清掃とIT経営で経営革新をサポートの枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治の日記
    (3Sワークショップ2日目の特別講義) (3S活動のスタートがここから始ります。ご成功を祈願して記念撮影) 1泊2日の3Sワークショップが昨日滞りなく閉講しました。 なにより...